個人向け調査

浮気調査からいじめ調査まで
加藤探偵調査事務所ではどのようなご相談も受け付けます。

浮気調査


 
浮気調査
  • 最近ご主人(奥さん)の帰りが遅くなった
  • 携帯電話を肌身離さず持っている。
  • 車に乗せてくれない
  • 身なりに気を使う様になった
  • 小遣いの催促が頻繁になった。
  • 何かと理由をつけて家族との時間を取らない。
  • DV(ドメスティックバイオレンス)がある。

 


 
配偶者の行動に不信感が…本当は何をしているの?
不信感を抱いたままで日々の生活を続けるよりも、勇気を出して真実を確認してみてはいかがですか?
真実を知りたいだけ、相手の素性を知りたいだけ、裁判時の有効資料の為等目的はさまざまです。加藤探偵調査事務所では、相手に気付かれる事無く徹底調査し、ご依頼者様に真実と安心をお届けします。
その際、今後の裁判資料としても有効な調査報告書(証拠写真及び証拠動画付き)をご提供いたします。お一人で悩まず、お心当たりがありましたら、お気軽に一度ご相談ください。
 
●状況別の調査方法についてもお気軽にご相談ください。
 

  • 既に相手は把握しているが、今後の為にもう少し相手の情報が欲しい。(氏名・住所・勤務先・家族構成・既婚者か否か‥・)
  • 離婚は念頭に置いているが、離婚後の経済的理由の為、時期を見合わせている。今後に向けて、どのような証拠が必要か?
  • 現在配偶者とは別居(配偶者は相手と同居中)しているが、そろそろ夫婦生活に白黒つけたい。

 
一口に浮気調査といっても現在ご依頼者様の置かれている状況によって調査方法も様々です。その際の調査方法等、しっかりご提案させて頂きますのでご安心下さい。
尚、ご要望があれば、民事(家事案件)を得意とする経験豊富な弁護士を無料にてご紹介させて頂きますので何なりとお申し付け下さい。

行方調査


 
皆さんご存知でしょうか?
現在日本国内に置ける行方不明者数(家出人、失踪人)は年間約8万人(平成24年度警察庁統計)また、警察庁に受理されていない数を含めれば年間20万人とも言われています。
それらの原因としては、男性であれば事業関係のトラブル(主に借金や金銭トラブル)、女性であれば家庭問題による悩みものが非常に多いです。
また中には、配偶者からのDV(ドメスティックバイオレンス)、職場でのリストラ、何らかの事件に巻き込まれてしまったなど、原因は様々です。
未成年者も多く含まれ、最終的にご家族が望まれていない結果になる事も多々あります。

 
●警察の対応は?
 
残念ながら警察は事件性のない限り積極的な捜査はしません。何故なら大半は自分の意思で行方を眩ませている一般家出人が多く、民事的要素が強いからです。これは民事不介入(警察)という観点ではやむおえない現実なのです。
早期解決をお望みでしたら、やはり専門機関にご相談される事をお薦め致します。
 
●探偵業の対応は?
 
加藤探偵調査事務所では、国内外において信頼の置ける情報ネットワークを構築しており、「家出人」「失踪人」捜査で実績を積んでいます。
調査方法、調査料金についても、真摯に対応させて頂きますので、まずはご相談下さい。
 
 
●家出人、失踪人捜索調査に必要な情報。

  • 氏名(読み、書き)
  • 本人写真
  • 生年月日
  • 住所(最終住所もしくは転居歴)
  • 出身地
  • 所有車両
  • 携帯番号

 
尚、交友関係、立ち寄り先、所持品など情報が多い程発見の可能性が高まります。
 
人探しは時間との勝負!あなたの判断が大きな明暗を分けます!
まずはお気軽にご相談下さい。

個人調査

 
個人調査

 
貴方の知らない時間のご友人、知人のありのままの姿を調査いたします。
疑心暗鬼に陥る前に答えを出してください。


知人、同僚等貴方の周りの人と何らかのトラブルを抱えた場合、また、トラブルを抱えていると思われる場合、相手方の情報を詳しく把握しておくことが大切です。
 

ストーカー対策


 
ストーカーには徹底した対策によって、再発させない解決を図ることが一番です。

具体的な調査事例はただ今修正中です。
 
一度お気軽にご相談ください。確実な解決のアドバイスをさせていただきます。


 

 
いじめ調査


 
大切なお子様のプライベートを守り、いじめの実態を調査いたします。

 
社会問題化している“いじめ”その実態を調査します。

  • ランドセルにゴミや土などを入れて、使えなくさせる。
  • ノートやドリルに落書きをして使えなくし、宿題を提出できなくさせる。
  • 先生や親に言ったら、もっとやるぞ!」と脅しをかける。
  • 「シールやカードを持ってこないと、殺すぞ。」と恐喝する。
  • 「死ね」「きしょい」「消えろ」といったメールを何度も送りつける

 
 
子供達 小・中学生でよく聞くいじめの内容も、年齢が進むにつれていじめの悪化(刑事事件)につながって行くことも多いようです。
 
いじめ問題は大変にデリケートな問題です。
刑事事件や裁判等にならない件であっても、大切なお子様の心に大きな傷を残しかねません。
 
近年の報道で学校などはいじめの事実があったとしても、その実態を把握できなければ行動を起こしてくれないと思われるかもしれません。
いじめ問題では、学校、PTA、相手のご両親等、さまざまな関係が絡み合い、防止、予防するのが難しいのですが、その全てがこの問題に向き合い解決せねばなりません。
が、加害者(いじめる側)に問い詰めたところで、「ふざけていただけなのに」「からかっていただけなのに」「冗談なのに本気にして…」と誤魔化すことがよくあります。
調査によって確実な証拠を掴む事が最大の解決策と考えます。
 
当社ではお子様のプライバシーに最大限の配慮をしながらその実態を調査していきます。
調査方法は事前に打ち合わせの上で決定させて頂きますので、安心してご依頼下さい。

 
盗聴盗撮発見


 
個人のプライバシーを侵害する盗聴・盗撮行為は悪質な犯罪です。
簡単に機械を手に入れることが可能になった今、私たちの周りは常にそういった危険にさらされています。

 
盗聴器の販売個数は、年間20万個以上と言われています。それに伴い盗聴・盗撮犯罪は年々増加の一途を辿っています。盗聴器は一般のご家庭に取り付けられているのが大半を占めています。アパート・マンションに一人で住んでいる女性に対し、彼氏や元彼さらにはストーカーなどが勝手に取り付けていくという事例も大変多くなっていますし、ホテル、職場、公衆トイレ、階段下等々で盗聴・盗撮は行われています。
 
個人のプライバシーを侵害している為、盗聴・盗撮行為は悪質な犯罪です。簡単に機械を手に入れることが可能になった今、私たちの周りは常にそういった危険にさらされています。

  • 誰かに監視されているような気がする。
  • 自分しか知りえない事を、第三者が知っている。
  • 家(部屋)の近くに不審な人や車を見かける様になった。
  • 金銭や人間関係でトラブルを抱えている。
  • 最近いたずら電話が頻繁にかかってくる様になった。
  • 電話中やテレビを見ている時に、雑音やノイズが入る。
  • 最近引越しをしてきた。
  • 照明器具は前から取り付けられていたものである。
  • 鍵を引越ししてきた時のまま使用している。
  • 泥棒に入られたことがある。
 
 
複数、思い当たる方は盗聴・盗撮されている可能性があります。このような事からストーカーや他の犯罪に発展する場合もありますので、少しでもおかしいと感じたら、早急にご相談下さい。
 
盗聴器については様々な種類があります、
こちらに詳細をまとめております。。

 
盗聴器、盗撮器について


 
盗聴器、盗撮器については様々な種類があります、こちらに詳細をまとめております。 


依頼時・調査中のご注意について


 
調査依頼自体を盗聴されることもあります。下記の依頼時の注意をご確認の上、ご相談ください。
 
調査以来時の御注意
 
「盗聴されているのでは?」と調査を依頼する時は、周りの人に極力相談しないで下さい。
できれば誰にも言わないでください。何故なら、盗聴器を仕掛けているのは身近にいる人達の可能性が高いのですから、彼氏、友人、親子、兄弟。会社なら、上司、同僚、部下です。全くの他人が仕掛けるケースは少ないのです。もし相談した人が、仕掛けた本人ならば「止めときな」「高いんじゃないの」と言われるのが当然ですし、依頼したと話せば調査前に外され、調査が終わってからまた仕掛けられます。これでは何回調査しても見つかりませんし、犯人も判りません。
 
当社への連絡ですが、盗聴されているかも知れない部屋から電話してくるなんてもってのほかです、絶対に止めて下さい。公衆電話・携帯電話で関係のない所からかけてください。調査時にご協力下さい。
 
発見時のことを依頼者様が事前に決めておいて下さい。警察に通報するか、当社で写真撮影の後に回収・保管をする。また、仕掛けた相手を突き止める調査に切替える。ご依頼者様ごとにケースは違いますので、予め心構えをしておいて下さい。
 
調査中の御注意
 
調査中電話回線は通話状態にして下さい、通話状態でなければ盗聴器が電波を発信しないからです。
 
盗聴発見調査実施して、盗聴器が仕掛けてあれば、必ず見つけ出します、無ければ本当に有りません。調査後に対策などをアドバイスさせて頂きますので、真摯なお気持ちでお聞き下さい。また、調査後に分からないことがあれば、何なりとご質問下さい。
 
裁判証拠資料収集


 
調停のための調査 和解案等において、こちら側の最も有益な条件を提示出来るよう、調停前に然るべき情報・資料を収集する調査です。
 
裁判のための調査 民事事件の証拠は、本人が集めなくてはなりません。当社のベテラン調査員が弁護士に指示を受けた収集作業を本人に代わり確実に遂行します。
結婚信用調査


 
ご結婚は人生の大事な分岐点です。不安な気持ちを抱えられたままスタートせず、お相手の事を客観的に知っておくことをお勧めします。

「ギャンブル癖はないの?」「他に相手がいるのでは?」「結婚詐欺なのでは?」「○○さんはどんな人なの?」「相手の家族も含めて把握したい」
「普段の生活は何してるの?」「発言に曖昧な点や矛盾点が多い」

  • 借金・ギャンブル癖
  • 資産
  • 家族構成
  • 職歴・学歴
  • 交友関係
  • 親族の人柄
  • 性格
  • 結婚歴・出産歴
  • 風評

 

特殊調査

 
追跡調査・アリバイ調査・犯罪調査・事故被害調査等多面性及び特異な形態を有する調査を「特殊調査」と呼称しており、どんな悩みでも、ご相談に応じます。 

 
冤罪証明(立証)、犯罪被害の証拠収集

痴漢冤罪や交通事故事故など不慮の事態に見舞われた場合、依頼者様や弁護士の指示に従いその証拠となるべく証人や証言等を収集します。
 
また、恐喝・脅迫・美人局(つつもたせ)・ゆすり・強姦・暴行・傷害事件などの犯罪被害に遭われ、警察などへの届出の為その証明が必要なケースも同様、プロの探偵が調査能力を駆使し、貴方のお役に立てるよう証拠を集めます。


養育費・不良債権回収・賃金返済訴訟調査

取り決めた養育費を支払ってもらえない、貸付金が滞った、お金を返してもらえない上、相手と連絡が取れないなどの相談が急増しております。勤務先や現在の居住先割り出しなどの調査もお任せ下さい。
 
※当社は回収及び取り立て行為は行なっておりません。回収については弁護士さんをご紹介致します。 


特殊撮影ならプロの探偵社にお任せください。

超小型CCDカメラ・特殊監視カメラ・赤外線カメラ・暗視カメラなど、通常では撮影不能な特殊な場所においても探偵はその知識や機材を使い、記録撮影や証拠収集を可能とします。
各種鑑定(指紋・声紋・筆跡・DNA等)も承ります。
 
信頼のおける鑑定結果を迅速にお伝え致します。裁判資料の場合もお申し付け下さい。
 
DNA鑑定では親子関係の有無等、問題解決にご利用頂けます。尚、裁判時に必要となる録音テープの"テープおこし”や携帯メール・パソコンメールでの立証方法等についてもお気軽に御相談下さい。
 
 
その他どんな調査も一度ご相談ください。
 

ページの先頭へ

ごあいさつごあいさつ

調査内容調査内容

法人向け調査法人向け調査

国際調査国際調査

調査の流れ調査の流れ

守秘義務守秘義務

探偵業法探偵業法



講演会講演会

料金表料金表

報告書報告書

お問い合わせお問い合わせ

アクセスアクセス

リンクリンク

総合探偵社
加藤探偵調査事務所

愛知県公安委員会
第54150014号

〒473-0925
愛知県豊田市駒場町
雲目17番地3雲目ビル二階

TEL 0120-138-388
MAIL info@kdio.tv