法人向け調査


企業調査、人事調査御、盗聴•盗撮発見等、各種調査承ります。



御社の社運をかけた取引に公開情報だけを信用して取引することは危険です。
お取引先の企業の本当の姿を知り、対等の立場での公正な取引を行いましょう。

法人さまの一番のお悩みでもある、他社の情報をあらゆる方面から確実に調査致します。
 
現在までの豊富な調査事例、人脈、情報網を駆使し国内から海外までの全ての企業を対象と致します。
新規事業を立ち上げる際に取引企業の実態を知らない等、社運をかけた取引を取引企業広報部発表の項目だけで取引を行うことほど危険な事はありません。

  • 企業(個人)の経済関係の調査。
  • 取引企業の資産調査、取引企業先調査。
  • 経営者の個人資産調査、個人情報(学歴、職歴、人柄、交遊関係)調査。
  • 個人資産(不動産、動産、他)調査、交遊関係調査。



 
御社の財産である人材の不正・素行を調査し、御社の優秀な人材の確保・管理をお手伝いいたします。
また、人材流出や情報漏洩を防ぎ、御社の信頼性・将来性を確固たるものにいたします。

 
企業様にとって、資源・資金・情報と並んで、人事・人材とは四大経営資源のひとつ。生産性・信頼性・業績といった、企業の持つアイデンティティを決定づけ、将来を大きく変動させる原動力となります。
会社の財産である人材の確保・管理において、表面から見えない部分の事実を客観的に調査いたします。
採用調査
 
優秀な人材確保のために、履歴書や面接等からはうかがい知れない過去の勤務状況・在籍期間・評価といった初見の相手に持つ不安要素を解決いたします。
労務管理調査
 
現在在籍中の社員の不正や情報漏洩の解明、素行不良社員の調査、所在や動向の調査、退職社員の動向調査等、人材流出に関する調査を行います。
人材確保/人材抽出
 
公募で集まらない人材、特に専門職などの優秀な人材のリストアップをし、多岐にわたる情報を収集します。
人事異動・昇格時の適正・能力調査
 
配属・昇格時の資料として、適正・能力・将来性等を調査・評価いたします。
労務分析調査
 
社員の意識等モラル向上を目的とした個人対象の労務分析調査のほか、労働組合等に対して全体調査も行います。

 
盗聴盗撮発見


 
個人のプライバシーを侵害する盗聴・盗撮行為は悪質な犯罪です。
簡単に機械を手に入れることが可能になった今、私たちの周りは常にそういった危険にさらされています。
 
 

 
盗聴器の販売個数は、年間20万個以上と言われています。それに伴い盗聴・盗撮犯罪は年々増加の一途を辿っています。盗聴器は一般のご家庭に取り付けられているのが大半を占めています。アパート・マンションに一人で住んでいる女性に対し、彼氏や元彼さらにはストーカーなどが勝手に取り付けていくという事例も大変多くなっていますし、ホテル、職場、公衆トイレ、階段下等々で盗聴・盗撮は行われています。
 
個人のプライバシーを侵害している為、盗聴・盗撮行為は悪質な犯罪です。簡単に機械を手に入れることが可能になった今、私たちの周りは常にそういった危険にさらされています。

  • 誰かに見られているような気がする。
  • 自分しか知りえない事を、第三者が知っている。
  • 家(部屋)の近くに不審な人や車を見かける様になった。
  • 金銭や人間関係でトラブルを抱えている。
  • 最近いたずら電話が頻繁にかかってくる様になった。
  • 電話中やテレビを見ている時に、雑音やノイズが入る。
  • 最近引越しをしてきた。
  • 照明器具は前から取り付けられていたものである。
  • 鍵を引越ししてきた時のまま使用している。
  • 泥棒に入られたことがある。

 
 
複数、思い当たる方は盗聴・盗撮されている可能性があります。このような事からストーカーや他の犯罪に発展する場合もありますので、少しでもおかしいと感じたら、早急にご相談下さい。


盗聴器・盗撮器について 


盗聴器、盗撮器については様々な種類があります、
こちらに詳細をまとめております。


依頼時・調査中の注意について


調査依頼自体を盗聴されることもあります。下記の依頼時の注意をご確認の上、ご相談ください。
 
調査以来時の御注意
 
「盗聴されているのでは?」と調査を依頼する時は、周りの人に極力相談しないで下さい。
できれば誰にも言わないでください。何故なら、盗聴器を仕掛けているのは身近にいる人達の可能性が高いのですから、彼氏、友人、親子、兄弟。会社なら、上司、同僚、部下です。全くの他人が仕掛けるケースは少ないのです。もし相談した人が、仕掛けた本人ならば「止めときな」「高いんじゃないの」と言われるのが当然ですし、依頼したと話せば調査前に外され、調査が終わってからまた仕掛けられます。これでは何回調査しても見つかりませんし、犯人も判りません。
 
当社への連絡ですが、盗聴されているかも知れない部屋から電話してくるなんてもってのほかです、絶対に止めて下さい。公衆電話・携帯電話で関係のない所からかけてください。調査時にご協力下さい。
 
発見時のことを依頼者様が事前に決めておいて下さい。警察に通報するか、当社で写真撮影の後に回収・保管をする。また、仕掛けた相手を突き止める調査に切替える。ご依頼者様ごとにケースは違いますので、予め心構えをしておいて下さい。
 
調査中の御注意
 
調査中電話回線は通話状態にして下さい、通話状態でなければ盗聴器が電波を発信しないからです。
 
盗聴発見調査実施して、盗聴器が仕掛けてあれば、必ず見つけ出します、無ければ本当に有りません。調査後に対策などをアドバイスさせて頂きますので、真摯なお気持ちでお聞き下さい。また、調査後に分からないことがあれば、何なりとご質問下さい。
 

裁判証拠資料収集


 
調停のための調査 和解案等において、こちら側の最も有益な条件を提示出来るよう、調停前に然るべき情報・資料を収集する調査です。
 
裁判のための調査 民事事件の証拠は、本人が集めなくてはなりません。当社のベテラン調査員が弁護士に指示を受けた収集作業を本人に代わり確実に遂行します。
 
 
その他どんな調査も一度ご相談ください。
 
ページの先頭へ

ごあいさつごあいさつ

調査内容調査内容

法人向け調査法人向け調査

国際調査国際調査

調査の流れ調査の流れ

守秘義務守秘義務

探偵業法探偵業法



講演会講演会

料金表料金表

報告書報告書

お問い合わせお問い合わせ

アクセスアクセス

リンクリンク

総合探偵社
加藤探偵調査事務所

愛知県公安委員会
第54150014号

〒473-0925
愛知県豊田市駒場町
雲目17番地3雲目ビル二階

TEL 0120-138-388
MAIL info@kdio.tv